不妊女性40代の不妊治療統計

40歳以上という高齢で不妊治療に挑まれる方は30代に多く見られた二人目を望むのではなく、一人目の子供を望んでいる傾向が強く見られました。 ダウン症リスクや治療成功率の低さを知りながらの不妊治療はとても不安のあるものだと察します。 治療自体はAMH検査後すぐに体外受精にステップアップしている事からも、時間との戦いが色濃く見られ、治療以外にも自分で老化対策をされている方が多くいらっしゃいました。 体外受精に関しては20代から30代前半の方よりも採卵で苦労されている方が多く、グレード高い卵子の採卵をする為の対策が問われるところです。 また、受精卵の胚分割や胚移植の段階で着床しないといった悩みも見られます。 40代の不妊治療成功の鍵は、卵子の質、着床環境の改善、女性ホルモンの補充である事がうかがえます。 その他イースタティックミネラルという成分が卵子老化対策に有効であるとの声も多かった。

不妊の原因

  • 卵子の老化
  • 卵子や精子の老化対策として「ミトコンドリア活性」をする事で質の改善を図るという方を多く見かけました。

    高齢であってもどうしても子どもを授かりたい40代以上の方々は病院以外でもご自身でできる努力をされている事が印象的でした。

    健康新聞デジタルニュース:ミトコンドリアが鍵を右る卵子、精子の若返りが話題を呼んでいる

  • 排卵因子、卵管閉塞、癒着、嚢胞性卵巣症候群
  • 子宮因子、子宮内膜症、着床障害

AMH検査 : 1.5〜2.5ng/ml (42人平均値)

AMH検査の結果の平均数値からも分かるように、「卵子の老化」が第1位になりました。

最終治療法 不妊原因を治療後、自然周期、医療タイミング法などで妊娠されている方が多い。

  • 体外受精

2位以下は測定不能
圧倒的に体外受精をされる方が多く、その際の採卵で苦労されている方が多く見受けられる。

【治療期間、治療歴】 初診から現在まで約1年から3年

AMH検査の結果によってステップアップのスピードが違っているようです。 平均年齢よりも低い数値の方は早々に体外受精に進まれています。

【体外受精の回数(体外受精をされた方の平均回数)】 6回

【治療にかかった費用】 平均額 / 約220万円 最大額 / 約400万円

治療以外の対策

  • サプリメント
  • 漢方
  • ヨガ
  • 暖め、ストレッチ

使用したサプリメントの成分

  • DHEA、イースタティックミネラル
  • マカ
  • タンポポエキス
  • ルイボスティ
  • ビタミンC
  • ヘム鉄

卵子の老化対策を意識されている方が多く、何らかの対策として、サプリや 運動などを取り入れている方が多い。

 

当サイトについて  お問い合わせ  サイトマップ Copyright(C) 2014 みんなの不妊ブログ All Rights Reserved.